にゅうにゅうす

主にアニメの最新情報をお届けします。

*

オーバーロード/外部との友好関係の礎をつくるアウラ 歴史講座ではデミウルゴスやシャルティアを泣かせた

   

アウラ1
守護者の中でも特別気さくな性格をしている、アウラ・ベラ・フィオーラ。

アインズに対してもそれは同じ。和ませてくれる一方で、放映当初からシャルティアとの犬猿の仲のほども見せてくれました。

アウラ2
「盛りすぎてて、走る度に胸がどっか行っちゃうからー」

アウラ_シャル
「黙りなさい!!アンタなんか全くないでしょ!!」

外見と言動通りのままに、アウラの戦闘能力は、他の守護者たちより劣りますが、ビーストテイマーらしく、高レベルのモンスター(フェンリルや、四つ頭の蛇など)の使役や強化ができる稀有な存在です。

アウラ3
劣るとは言っても、1話でアインズが召喚したLV80後半のプライマルファイヤーエレメントを軽く倒せるほどで、プレアデスより上ですし、ブレインやリザードマンたちではもちろん相手になりません。

sponsored link


書籍版のマーレとアウラを足すと、web版のアウラになる

アウラ5
アウラの一番の魅力は、やっぱりその外見と性格の親しみやすさ。

ナザリックは、外見からも性格からも、悪意を肌で感じることのできる存在ばかり。無邪気さからくる残酷な面はありますが、エルフのアウラはその性格も見たままの人間の子供のそれ。

アウラ4
そんなアウラに、ナザリックの未来を考えるアインズは、好戦的でないモンスターたちとの外交・配下化や、拠点作りなどをゆだねています。

なので、アウラが接するのは基本的に森のモンスターたち。エルフやケンタウロスの爬虫類版のようなドラゴタウルスや、ドライアドなどの精霊種など、アウラの登場する時は、自然と共に在る善性のモンスターたちを見れる機会でもあります。

また、守護者たちやモンスターたちが至高の41人によって作られた存在であることを思い出させてくれるのもアウラで、アウラはよく、自身をつくったぶくぶく茶釜のことを持ち出しては、自慢げに語りだします。(ぶくぶく茶釜の生ボイスが聞ける腕時計をアインズから贈られ、大喜びしたりします。)

アウラ_マーレ1
上に書いたことは主にweb版でのことで、書籍版・アニメ版では、拠点作りなどはマーレに任されています。セバスが2番手だと言っていた強力な後方支援的な魔法も、マーレが使うようで、アニメ版のアウラは魔法力の取り除かれたテイマー寄りの守護者のようです。

アウラ_マーレ
マーレの可愛さは、web版アウラの女の子な部分によるものなのですね。

アウラのクローズアップ時には、守護者たちがとても可愛くなる

アウラ_全員
守護者たちは、同等の力を持つという理由から、守護者たちそれぞれをとても尊敬しています。

それぞれの思考形態や嗜好を理解して、できるだけ配慮していますし、朋友とでも言うべきなのでしょうが、ことアウラをクローズアップした物語の時は、主役のアウラが子供っぽいだけに、他の守護者たちもかわいく見えてしまいます。

アウラ_シャルティア
▲ 特にシャルティアはアウラの前では子供っぽい一面を見せます

とりわけそれが顕著で、面白い話にまとめられているのは、web版でのアウラの外伝の話。

アウラ_至高の1
アウラ_至高の
アウラは配下にしたドライアドや、リザードマン、ブレインなどをナザリックに迎える際、彼らのための勉強として、6階層でナザリック地下大墳墓の歴史講座を開くのですが、かつて他のプレイヤー1000人が攻め込んできた際、自分たち守護者たちが打ち倒され、至高の41人によって得た勝利の果てに蘇えった戦いの話になると、いつの間にか表れたデミウルゴス、コキュートス、シャルティアたちがこぞって泣きます。(笑)

op
激戦を繰り広げたリザードマンやブレインなどが、教卓に立ち、自慢げに話すアウラの前にちょこんと座り、大仰に拍手をしているのですらある種面白いのに、やってきた守護者たちが泣いて、しかもその後アウラの家で机を囲んで至高の41人ことプレイヤーたちの適当な名前に様付けして、懐かしみながら紅茶を飲んでいるとか、ぷれぷれぷれあです並みに面白い画です。(笑)

アニメ版では、マーレの登場もあり、コキュートスのように、出番の少なさが懸念されるアウラですけど、7話ではしっかり登場してくれるようです。(*´∀`)

アウラ

 - オーバーロード

sponsored link
sponsored link

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

オーバーロード/アインズ様の強さが半端ない! これぞ悪の権化!だけどもっと強い人はたくさんいる

やっぱり顔芸アニメにしてきた。(笑) オーバーロードという名の大魔法使いの姿、対 …

オーバーロード/モモンガのアバター名「アインズ・ウール・ゴウン」の意味

続編が多いきらいがありますがラインナップ豊かな2015年の夏アニメ。そのなかでも …

オーバーロード/BD/DVD発売記念「ぷれぷれぷれあです」から感じ取れる、製作陣の余りある気力

最終話の放送を終え、無事、大団円を迎えたオーバーロード。 「アインズ様!!!胸が …

オーバーロード/タブラ・スマラグディナが作ったニグレドがホラーすぎてやばい

守護者たちやプレアデスなどのNPCたちから絶対の忠誠を誓われている至高の41人。 …

オーバーロード/子供みたいなイビルアイがかわいいw 惚れたあとは「うわああああ」とか叫び声をあげまくる

アニメでは残念ながら登場しなかったイビルアイ。 その小さな体とは裏腹に、王国のア …

オーバーロード/裏切りと勘違いされるセバス 制作者のたっち・みーは超がつく勝ち組

女性陣が大活躍するなか、男性陣の活躍は残念ながら少ないオーバーロードアニメ版。 …

オーバーロード/実は大天使になる予定だったアルベド ニグレドという姉、ルベドという最凶の妹がいる

モモン編に入ってしまってからは、アインズのお供をナーベに取られ、守護者たち同様、 …

オーバーロード/エントマの“声”になったアルシェ 切なさを呼ぶ早熟の魔法詠唱者はアインズの前ではゲロを吐く

エンちゃん pic.twitter.com/Tx60T0EeUL— …

オーバーロード/12話でアインズが使ったバフの効果一覧 戦いのマゾさは縛りプレイと似ている

良い意味だと美人・奇行の多い顔芸アニメだったか。MMORPGを遊んだ思い出を懐か …

オーバーロード/蜘蛛人のプレアデス、エントマ 仇敵のイビルアイはアインズに惚れてしまう

プレアデスの中でもシズ・デルタとともに、妹感の強いエントマ・ヴァシリッサ・ゼータ …