にゅうにゅうす

主にアニメの最新情報をお届けします。

*

ろんぐらいだぁす!/6話感想 同じジャージを着て走りたい!未来のフレッシュ目指して現役JDチーム『フォルトゥーナ』誕生!

      2016/12/10

%e3%82%8d%e3%82%93%e3%81%9006-%e2%91%a0%e3%83%a1%e3%82%a4%e3%83%b3
ついにロードバイクを入手した亜美はひとり江ノ島までサイクリングに出掛けるなど、精力的に活動をこなします。様々なトラブルに遭いながらも多くの人々に助けられ、またそれらを通じて仲間と一緒に走る歓びに改めて気付かされる亜美。

サイクリストとしてまたひとつ大きく成長した亜美が次なるステップへと進むろんぐらいだぁす!第六話『フォルトゥーナ』のレビューです。

5話感想
7話感想

sponsored link


ヤビツリベンジ!自転車を乗り越えた、その先へ

%e3%82%8d%e3%82%93%e3%81%9006-%e2%91%a1%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%89
ロードバイクに走り慣れしてきた亜美は、ポン太くんでリタイヤしたヤビツ峠へのリベンジを決意。亜美の成長を実感していた雛子たちも喜んでこれに賛成、5人は揃ってヤビツ峠を走ることに。

%e3%82%8d%e3%82%93%e3%81%9006-%e2%91%a2%e3%83%a4%e3%83%93%e3%83%84%e5%b3%a0
前回のリタイヤで味わった悔しさを胸に入念な準備をしてきた亜美は力強く坂を登り始めます。

%e3%82%8d%e3%82%93%e3%81%9006-%e2%91%a3%e3%82%b4%e3%83%bc%e3%83%ab
やがて前回リタイヤした場所を余裕で通過。峠の頂上へ到達し、大きな達成感と仲間への感謝の気持ちに包まれます。

%e3%82%8d%e3%82%93%e3%81%9006-%e2%91%a4%e3%83%81%e3%83%bc%e3%83%a0%e8%b5%b0%e8%a1%8c
そんな折り、亜美達の目の前をチームジャージを着たサイクリストの一団が通過して行きます。そんな彼らのお揃いのジャージが気になる亜美。

%e3%82%8d%e3%82%93%e3%81%9006-%e2%91%a5%e3%82%b8%e3%83%a3%e3%83%bc%e3%82%b8%e8%a6%8b%e3%82%8b
亜美「ジャージって作れるものなんですか!?」
弥生「ええ。作れるわよ」
雛子「オーダーで好きな様にデザインして作れるぞ」
亜美「好きな様に…」

仲間の目印であるお揃いのチームジャージ。亜美は前回パンクの危機を救ってくれたサイクリスト達の姿を思い出しました。自分達だけのオリジナルジャージを作って、5人でフレッシュに参加出来たら……新たな夢が生まれた亜美は、実現のために動き出します。

オリジナルジャージの製作からの、新チーム結成!

%e3%82%8d%e3%82%93%e3%81%9006-%e2%91%a6%e3%82%b8%e3%83%a3%e3%83%bc%e3%82%b8%e4%bd%9c%e3%82%8b
雛子からオリジナルジャージは簡単に作れると教えて貰った亜美。家に帰った亜美は早速インターネットで調べて業者委託が簡単、割とお手軽価格であることを知ります。

%e3%82%8d%e3%82%93%e3%81%9006-20%e5%a4%89%e6%85%8b%e3%81%a0
恵美「お姉ちゃん…」

5人で同じジャージを着て走る――そんな妄想に一喜一憂してハァハァと息を荒くする亜美の姿を見て思わずドン引きする妹ちゃん(笑)

%e3%82%8d%e3%82%93%e3%81%9006-%e2%91%a7%e4%b8%8d%e5%af%a9%e8%80%85%e3%82%92%e8%a6%8b%e3%82%8b
あまりにも姉の不審な態度に、恵美の眼差しは残念な人を見るものになってしまいます(笑)

%e3%82%8d%e3%82%93%e3%81%9006-%e2%91%a8%e6%89%93%e3%81%a1%e5%90%88%e3%82%8f%e3%81%9b
翌日ファミレスにて4人に相談を持ちかける亜美。大量のデザイン画と共にやる気と情熱とこの5人の仲間で同じジャージを着てフレッシュを走りたい想いを伝えます。

%e3%82%8d%e3%82%93%e3%81%9006-%e2%91%a9%e7%84%a1%e7%90%86%e3%81%a0%e3%81%aa
雛子「…それは無理!」
亜美「ええぇ~はうぁ…私、頑張ります…よ?」
雛子「頑張っても無理なものは無理!」

%e3%82%8d%e3%82%93%e3%81%9006-%e2%91%aa%e3%83%95%e3%83%ac%e3%83%83%e3%82%b7%e3%83%a5%e3%81%af20%e6%ad%b3%e3%81%8b%e3%82%89
以前ブルベやフレッシュのルール説明をしたコラムでも紹介しましたが、フレッシュには20歳以上で無いと参加出来ないのでした。

ですので後2年(1年半?)はお預けですね(笑)

%e3%82%8d%e3%82%93%e3%81%9006-%e2%91%ab%e3%83%81%e3%83%bc%e3%83%a0%e7%b5%90%e6%88%90
フレッシュの件はさておき、取り敢えずチーム結成とジャージ製作は確定。そこでこの5人のチーム名をどうするかが問題に…?

女子大生チーム、フォルトゥーナ誕生!

%e3%82%8d%e3%82%93%e3%81%9006-%e2%91%ac%e8%8a%9d%e7%94%9f%e3%81%a7%e3%81%9d%e3%81%86%e3%81%8a%e6%ae%b5
さらに次の日。大学構内に集合した5人は件のチーム名を決めるために相談します。果たして持ち寄ったアイデアは…?

%e3%82%8d%e3%82%93%e3%81%9006-%e2%91%ad%e3%81%99%e3%81%a3%e3%81%9f%e3%82%82%e3%82%93%e3%81%a0
亜美「チーム・ペダルンルン!」
雛子「スイートエンジェルはどうだ?」
紗希「チーム・ザ・食いしん坊!」
「これどうです?…チームアミーゴ!」
弥生「カセットスプロケットはどうかしら?」

%e3%82%8d%e3%82%93%e3%81%9006-%e2%91%b1%e8%91%b5%e8%90%bd%e3%81%a1%e8%be%bc%e3%81%bf
「…私はレズじゃない~」

なかなかキャラの個性を深掘りする面白いオリジナル展開。こういう日常を掘り下げるのは良いですね。案にもキャラの個性が出ています(笑)

%e3%82%8d%e3%82%93%e3%81%9006-%e2%91%b2%e5%bc%a5%e7%94%9f%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%83%9b
弥生の自転車の部品をチーム名にしようしたのもポイント。パーツコレクターとか整備マニアが良く出ています。仮にハンドル愛好家だったら『チーム・シャロー』とかになっていたのでしょうか?

後は意外な雛子の少女趣味のセンスとか。もしくは中の人繋がりで『スイート』推しだったんでしょうかね?(笑)

ちなみに雛子役の大久保瑠美はスイートプリキュアでキュアミューズ役を演じています。もっとも、あちらは組曲のスイートでこちらはデザートのスイーツを意味していたとは思いますが。

チーム名はすったもんだの末、紗希の真っ当な提案で『フォルトゥーナ』に決定!

%e3%82%8d%e3%82%93%e3%81%9006-%e2%91%ae%e7%b4%97%e5%b8%8c%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%83%9b
フォルトゥーナ(Fortuna)は フォーチューナとも呼ばれるローマ神話の運命の女神。運命の車輪を司り、人々の運命を決めるという謂れを持ち、英語の『Fortune(フォーチュン)』の語源とされています。なおギリシャ神話に対応する女神は『テュケー(Tyche)』。

運命を操るための舵を携え、運命が定まらないことを象徴する不安定な球体に乗り、幸運の逃げやすさを象徴する翼を持ち(あるいは羽根の生えた靴を履き)、幸福が満ちることのないことを象徴する底の抜けた壺を持っています。

%e3%82%8d%e3%82%93%e3%81%9006-%e2%91%af%e3%83%95%e3%82%a9%e3%83%ab%e3%83%88%e3%82%a5%e3%83%bc%e3%83%8a
またチャンスは後からでは掴めないという謂れが後世出てきたため、それを表現すべくフォルトゥーナには後ろ髪がなく、前髪しかない(最近ではすべての髪を前で束ねている)イメージで描かれることが多いです。

チャンスを司ることでもお分かりの通り、フォルトゥーナは幸運の女神でもあり、そのためこれまでも数多くの創作物に登場しています。その一つ、タロットカード(大アルカナ)の10番。『運命の輪』はこのフォルトゥーナがモデルとされています。

チーム結成で次なる目標は?

%e3%82%8d%e3%82%93%e3%81%9006-%e2%91%b0%e7%b5%90%e6%88%90
今回ヤビツ峠のリベンジを無事果たし、新たな女子大生自転車チーム『フォルトゥーナ』を結成した亜美たち5人組。

OPにも登場しているチームジャージを作って、いよいよ本格的なロングライド活動を始める『チームフォルトゥーナ』。次なるステージが楽しみです!

(ごとうあさゆき)

5話感想
7話感想

 - アニメ感想

sponsored link
sponsored link

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

三者三葉/6話感想 西山家の戦闘力の高さが判明 お嬢様は食料を現地で調達する

6/29発売三者三葉BD&DVD第1巻に付くTV未放送エピソード①「キノ …

ドリフターズ/2話感想 恩人のエルフの仇!!今、異世界にて初陣!!

迫力満点の関ヶ原のシーンと、謎の空間に居た謎の男が印象的だった初回でしたが、今回 …

迷家‐マヨイガ‐/1話感想 ゲロインが出るアニメは名作

【キャスト】 監督:水島 努 シリーズ構成:岡田 麿里 キャラクターデザイン:井 …

双星の陰陽師/49話感想 いざ最終決戦!紅緒救出からの神威乱入!果たして双星は人類絶滅を防ぐことは出来るのか!?

ろくろを救うためにその身を安倍晴明に捧げる決意を固めた紅緒――復活した安倍晴明は …

不機嫌なモノノケ庵/4話感想 ドキドキ隠世社会見学!扉の向こうは不思議な町でした!?

ようやく隠世の世界が見られる時が来ました!チラチラと登場していたあの世界にはどん …

双星の陰陽師/11話感想 すばるの夫婦修行第2幕。瞬間、心を合わせてな展開で二人の息はピッタリに?

紅緒の元師匠にして十二天将の一人すばるの来訪によって修行を開始した双星二人。果た …

鉄血のオルフェンズ/34話感想 ガンダムヴィダール出陣! 激突迫る両陣営、そしてラブコメの波動がフラグ建設猛ラッシュ!?【ネタバレ】

地球でのアーブラウ争乱の一件を経て、鉄華団とマクギリスとの結びつきはより強固な物 …

だがしかし/6話感想 サヤとココナツの幼少期がかわいすぎたから駄菓子と子供って縁があることをいまさら思い出す回だった

だがしかしも前半の〆、6話に入りました。 「あら、こんな所で会うなんて奇遇ね」 …

バンドリ!/1話感想 出会っちゃった!――0からはじまる物語。少女はその輝きと鼓動を目指す!

幼い頃、星空を見上げた時に聴こえた『星の鼓動』。その、キラキラでドキドキなことを …

クロムクロ/12話感想 高2の夏は『地獄』の夏!剣之介と由希奈の距離も大接近

ドS監察官フスナーニの死と共にロングアームの鹵獲に成功した地球側。エフィドルグ研 …