にゅうにゅうす

主にアニメの最新情報をお届けします。

*

双星の陰陽師/30話感想 迫られる選択!さえの命か世界の平和か!? 事態を静観する闇無の本当の目的は天御柱そのもの…!?

      2016/11/14

%e5%8f%8c%e6%98%9f30-%e2%91%a0%e3%83%a1%e3%82%a4%e3%83%b3
現世と禍野を隔てる結界。それを支える大樹『天御柱』。陰陽連本部地下に隠されたこの大樹の枝が婆娑羅・闇無が折ったことで結界に綻びが生まれ不安定になっていたことが判明しました。

陰陽頭・有馬は十二天将全員を召集、天御柱の再生修復を行う儀式の準備をしますがそれを察知した闇無は先手を打って有馬の排除に成功します。指導者を失った陰陽連の反撃は?龍黒点を巡る最終決戦が始まる双星の陰陽師第三十話『いつまでも笑顔で』のレビューです。

29話感想
31話感想

sponsored link


迫られる選択。世界の平和か、さえの命か?

%e5%8f%8c%e6%98%9f30-%e2%91%a1%e5%a4%a9%e5%be%a1%e6%9f%b1
天御柱――最強の陰陽師・安倍晴明が作り出したとされる禍野封印の結界の要。龍黒点の発生を止めるには折られた枝を元に戻し、結界を安定させる必要があります。

そして時同じくして京都上空に開いた巨大な龍黒点。大量のケガレが瘴気と共に降り注ぎ、京の都を蹂躙――現世が禍野に侵食されてゆく事態に。日本各地に散らばっていた十二天将も続々集結する中、ろくろと紅緒は覚悟と決断を迫られます。

%e5%8f%8c%e6%98%9f30-%e2%91%a2%e3%81%99%e3%81%b0%e3%82%8b
当初の案では人化した『天御柱の枝』であるさえを元の天御柱に戻す計画でしたが、人化した上に『人としての感情と人格が定着してしまった』現状ではそれで天御柱が元に戻せるかどうか不安とすばるは判断、有馬が考えていた次善の策を遂行します。

%e5%8f%8c%e6%98%9f30-%e2%91%a3%e5%8d%81%e4%ba%8c%e5%a4%a9%e5%b0%86%ef%bc%91
そのために全国各地から京都に呼び集められていた十二天将は二人一組となって京の街に散ります。

%e5%8f%8c%e6%98%9f30-%e2%91%a4%e5%8d%81%e4%ba%8c%e5%a4%a9%e5%b0%86%ef%bc%92
五芒星の頂点を構成する5箇所、そして中央に位置する陰陽連本部直上――すなわち天御柱の直上。

%e5%8f%8c%e6%98%9f30-%e2%91%a5%e5%8d%81%e4%ba%8c%e5%a4%a9%e5%b0%86%ef%bc%93
五芒星を利用して呪力を高め、中央に陣取る天馬がその呪力を集め、天御柱に注ぎ込む――これが『天曺地府祭』の儀の概要です。

%e5%8f%8c%e6%98%9f30-%e2%91%a6%e5%8d%81%e4%ba%8c%e5%a4%a9%e5%b0%86%ef%bc%94
しかし儀式をケガレや婆娑羅が妨害することが予測されます。そのため二人一組となって一人が呪力増幅を、もう一人が警護を担当するという仕組みです。

%e5%8f%8c%e6%98%9f30-%e2%91%a7%e5%8d%81%e4%ba%8c%e5%a4%a9%e5%b0%86%ef%bc%95
双星に与えられた役目は欠員となっている白虎――清弦の代わりに天馬を守るというもの。

京都を、人々を、そしてさえを守るため、ろくろと紅緒は決死の覚悟で戦いに望みます。

発動『天曺地府祭』――龍黒点を巡る十二天将と婆娑羅の戦い

%e5%8f%8c%e6%98%9f30-%e2%91%a8%e5%84%80%e5%bc%8f%e3%82%b9%e3%82%bf%e3%83%bc%e3%83%88
巨大龍黒点から溢れ出す多数のケガレ軍団。そしてケガレを祓い龍黒点を消し去るために十二天将は早速天曺地府祭の儀式を執り行います。

%e5%8f%8c%e6%98%9f30-%e2%91%a9%e3%83%90%e3%83%88%e3%83%ab%ef%bc%92
五方に散った十二天将、そして陰陽連本部では天馬援護のためにろくろと紅緒も大量の真蛇クラスのケガレを次々と祓います。京都の陰陽師も加勢をしてくれますが圧倒的な物量差の前に焼け石に水状態。しかし、なんとか時間を稼ぎ切り、十二天将は儀式を完成させます。

%e5%8f%8c%e6%98%9f30-%e2%91%aa%e6%b6%88%e3%81%88%e3%82%8b%e9%be%8d%e9%bb%92%e7%82%b9
消える龍黒点――しかしそれは闇無が用意した罠でした。集めた呪力を逆に十二天将を封じるための呪詛返しのエネルギー源として利用したのです。同じ陰陽の技だからこそ可能なこの力。やはり闇無の正体は陰陽師…?

%e5%8f%8c%e6%98%9f30-%e2%91%ab%e5%be%a9%e6%b4%bb%e3%81%ae%e6%82%aa%e5%a4%a2
そして消滅したと思われていた龍黒点も実はダミーでした。空自体が幻影で保護されており…真なる龍黒点は未だ京都上空に存在したのです。

%e5%8f%8c%e6%98%9f30-%e2%91%ac%e3%83%ac%e3%82%be%e3%83%8a%e3%83%b3%e3%82%b9
これまでの戦いで呪力も体力も使い果たしていたろくろと紅緒ですが、それでもレゾナンスで龍黒点の封印を試みます。十二天将は闇無によって封じられ、このままではさえを犠牲にするしか手が無くなる、しかしそうさせる訳にはいかない!――その想いだけで必死に立ち上がる二人。

しかし現実は非情です。二人の呪力は底を尽き倒れてしまいます。愕然とする二人の眼前で消えていく龍黒点。天御柱の封印力が甦ったことで龍黒点が封じられたのです。

%e5%8f%8c%e6%98%9f30-%e2%91%ad%e3%81%95%e3%81%88%e6%b6%88%e6%bb%85
それは同時にさえの消滅を意味していました……

闇無の真の目的は、もしかすると時間稼ぎ…?

%e5%8f%8c%e6%98%9f30-%e2%91%ae%e3%82%b1%e3%82%ac%e3%83%ac%e8%bb%8d%e5%9b%a3
今回不思議なことに闇無以外の婆娑羅の活動が全く見受けられず、闇無自身も積極的に十二天将の妨害に出ていません。天曺地府祭で集めた呪力を逆に呪詛返し、十二天将を閉じ込めたり等効果的な妨害をしてはいるものの、どうにも解せない行動が多い印象です。

%e5%8f%8c%e6%98%9f30-%e2%91%af%e9%97%87%e7%84%a1%ef%bc%92
逆説的なのですが、もしかすると闇無は敢えて天曺地府祭を失敗させ、さえを天御柱に戻すことに力を貸していた様にすら見受けられます。
わざわざ自ら枝を追って結界を弱めたのに、結界を修復する手伝いをする?とも疑問に思うかもしれませんが、もしかすると最初から一度結界を弱め、その間に結界そのものを破壊する仕込み――例えば遅効性のウィルスみたいなものを仕掛け、結界が完全修復された時に破壊する…という策略とか。中途半端な状態で壊すのに比べ、最も効果的で絶望的なダメージを与えられると思うのですがどうでしょうか。

さえはもしかするとそのウィルスのキャリアに(本人の知らないところで)選ばれたとしたら…?

%e5%8f%8c%e6%98%9f30-%e2%91%b0%e9%97%87%e7%84%a1%ef%bc%93
闇無「フフッ…龍黒点が消える時始まるのだ。貴様達陰陽師の滅びが」

そう考えると闇無の台詞にも得心が行くのですが…果たしてどうでしょう? もし今後の展開で天御柱が枯れる様なことになると、まさに大惨劇になりそうです。

そして毎回闇無の出番と入れ替わる様に登場する有馬の秘書の存在も…?

さえの遺した笑顔の記憶

%e5%8f%8c%e6%98%9f30-%e2%91%b1%e7%b5%b5%e6%9c%ac
今回の事件、さえが自らを犠牲にすることで天御柱は回復。真の龍黒点は消滅しました。きなこカーに帰ったろくろ達はそこでさえが遺した1冊のスケッチブック――手作りの絵本を発見します。

それはさえが大好きなみんなの笑顔を描いた、おはぎマンの絵本でした。

%e5%8f%8c%e6%98%9f30-%e2%91%b2%e6%b3%a3%e3%81%8f%e3%82%8d%e3%81%8f%e3%82%8d
さえ「きなこの笑顔大好き! パパのニカッていう笑顔大好きだよ! 紅緒の…ううん、ママの優しい笑顔、だ~いすき! いつまでも笑顔でいようね!」

最後の最後で紅緒のことをママと呼んださえちゃん。彼女は人々の笑顔を守るために自らを犠牲にすることを選びました。そんな彼女のために紅緒は涙を拭い、笑おうと誓います。

そしてさえの最後の言葉はろくろに幾つかの謎を残す結果に……

「やっぱりパパは本当のパパだった」とは、一体どういう意味なのでしょうか?

新章突入!いよいよ婆娑羅との決戦篇に突入か!?

%e5%8f%8c%e6%98%9f30-20%e6%96%b0%e7%ab%a0
▲公式ページより、新章突入が発表されました!

次回は紅緒の過去回、そして11月16日放送回より新章『天地鳴動篇』に突入することが発表されました!舞台は再び鳴神町。ろくろ達はケガレとの戦いを終わらすための活動を再開しますが――いよいよ動き出す闇無の真の目的。陰陽師と婆娑羅の本当の意味での決戦が始まりそうです!

『列島覇乱篇』は単なる序章に過ぎなかった!?新たな展開が非常に楽しみです。

(ごとうあさゆき)

29話感想
31話感想

 - アニメ感想

sponsored link
sponsored link

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

%e3%81%82%e3%81%be%e3%82%93%e3%81%a1%e3%82%851106
あまんちゅ!/11話感想 海洋実習まであと2日!!新しい出会い、ふたりはもっとバディらしく

今回は猫と子猫のお話です。ダイビング部のマスコット的存在のちゃ顧問の秘密もわかる …

11
レガリア【再放送】/1話感想 復活おめでとう!所々描写が追加されてて分かりやすくなってる!

BSフジ、AT-Xにて先日放送された「レガリア特番スペシャル 復活放送前夜祭」を …

02
レガリア/2話感想 ユイちゃんのスリーサイズは?相変わらず素晴らしい作画と百合!

2話までご覧頂いてお判りかと思いますが…。レガリアは単純にロボとはいえない存在な …

06
三者三葉/6話感想 西山家の戦闘力の高さが判明 お嬢様は食料を現地で調達する

6/29発売三者三葉BD&DVD第1巻に付くTV未放送エピソード①「キノ …

%e3%83%89%e3%83%aa%e3%83%950610
ドリフターズ/6話感想 新キャラ登場で話は更なる混沌へ!!エルフの次はドワーフ!?

エルフ達の惨状を見て激昂した豊久のシーンで終わった前回。このままエルフ達と国盗り …

09
プリズマイリヤ ドライ/3話感想 かっこよすぎるぜギルガメッシュ!さらにイリヤもインクルード!

プリズマ☆イリヤ ドライ!!OP主題歌「Asterism」のサンプル受け取りまし …

モノノケ0515
不機嫌なモノノケ庵/5話感想 隠世の権力者、法池登場!「ルールは全て私が決める」

モジャとの再会に「おぉ!」となった瞬間終わってしまった前回、いつもより1週間が長 …

双星13-⑬双星重なる
双星の陰陽師/13話感想 二人の想いと勇気が重なる時、双星の真の力が発動する!発動せよ《レゾナンス》!

仇敵神威との戦いで大きなダメージを受けた紅緒。ろくろの乱入で九死に一生を得たもの …

斉木0102
斉木楠雄のΨ難/1話感想『全てを奪われた男』によるサイキックギャグアニメスタートです!

週刊少年ジャンプで連載中の人気ギャグ漫画が、ついにアニメ化! おはスタ(テレビ東 …

双星17-⑦白清弦
双星の陰陽師/17話感想 悠斗襲来!師の背中、その想いがろくろを新たなるステージへ!秋以降の新展開も!

『布瑠の言』の発動によってケガレ堕ちした繭良を救い出すことに成功したろくろと紅緒 …