にゅうにゅうす

主にアニメの最新情報をお届けします。

*

双星の陰陽師/28話感想 ついに十二天将最強の男が参戦!さえの秘密も明らかに!?

      2016/10/31

%e5%8f%8c%e6%98%9f28-%e2%91%a0%e3%81%8a%e9%a2%a8%e5%91%82
さえの願いと陰陽連からの指示により京都を目指して疾走するきなこカー。途中銭湯で入浴したりと家族団欒を暖めながら旅を楽しむ余裕すらあるろくろ達ですが、清弦から連絡を受け古くから霊験あらたかな古都の霊場熊野に龍黒点が現れたことを知ります。

巨大な龍黒点を塞ぐため、急ぎ現場に駆けつけるろくろ達。ですがそれは婆娑羅の張り巡らせた罠でした――絶対絶命の危機に陥る双星の陰陽師、第二十八話『鸕宮天馬』のレビューです。

27話感想
29話感想

sponsored link


双星を狙う婆娑羅の罠

%e5%8f%8c%e6%98%9f28-%e2%91%a1%e7%86%8a%e9%87%8e
瘴気に溢れた修験道の聖地熊野。普段なら多くのケガレで溢れ出すはずですが、不思議なことに一体も存在せず……逆に不自然です。そこに謎の攻撃が二人を襲います。

%e5%8f%8c%e6%98%9f28-%e2%91%a2%e9%ac%bc%e7%84%a1%e9%87%8c
それは双星の到着を待ち構えていた婆娑羅・鬼無里(きなさ)の遠距離狙撃攻撃でした。ライフル状の手持ち武器から婆娑羅の得意攻撃が遠距離戦と睨んだろくろ達は高速移動から接近戦を仕掛けます。

%e5%8f%8c%e6%98%9f28-%e2%91%a3%e6%88%a6%e9%97%98
戦闘に突入する双星ですがろくろ達の攻撃はレゾナンスを使った増幅攻撃すら鬼無里に全くダメージを与えることが出来ません。

%e5%8f%8c%e6%98%9f28-%e2%91%a4%e9%ac%bc%e7%84%a1%e9%87%8c%ef%bc%92
鬼無里「お客様が繰り出す攻撃、巡らせる策略、危機に陥った時に必死で試みる抵抗…それらを全て受け止めさせて頂き、戦いを満喫していただく…それが私の心づくしの《おもてなし》でございます」

戦いを『おもてなし』と呼び、慇懃な態度で双星を追い込んでいく鬼無里。超舐めプです。しかし言葉通り危機に陥る紅緒――その時飛び出したさえが紅緒を庇います!

%e5%8f%8c%e6%98%9f28-%e2%91%a5%e3%81%95%e3%81%88%e3%83%90%e3%83%aa%e3%82%a2
再び発動するさえの謎の特殊能力。

今回はさらに特徴的な――まるで植物の様な蔦が生えて、さえの姿に変化が生じます。蔦に生えた花の蕾?これは一体…? 婆娑羅の攻撃すら無効にする謎の力を前に鬼無里も一旦引き下がらざるを得ません。

%e5%8f%8c%e6%98%9f28-20%e3%81%95%e3%81%88%e3%81%ab%e8%bf%ab%e3%82%8b%e9%ad%94%e3%81%ae%e6%89%8b
鬼無里「フフ…なるほど、そちらのお嬢様が闇無から聞き及んでおりました例のお嬢様でございましたか」

さえの正体に心当たりのありそうな、意味深な発現をする鬼無里。双星を排除し、さえに迫る婆娑羅の魔の手!――しかしその時、新たな救いの手が現れるのです!

十二天将最強の男登場、その名は鸕宮天馬!!

%e5%8f%8c%e6%98%9f28-%e2%91%a6%e3%83%94%e3%83%b3%e3%83%81
瀕死の双星、そしてさえを狙う鬼無里。絶体絶命のピンチに陥った3人を救う謎の攻撃――

%e5%8f%8c%e6%98%9f28-%e2%91%a7%e5%a4%a9%e9%a6%ac%e7%99%bb%e5%a0%b4
それは十二天将最後の一人、貴人(きじん)の称号を持つ鸕宮天馬(うのみや てんま)が放った攻撃でした。

%e5%8f%8c%e6%98%9f28-%e2%91%a8%e9%a9%9a%e3%81%8f%e9%ac%bc%e7%84%a1%e9%87%8c
婆娑羅もその名を知る程の猛者、十二天将最強と呼ばれる男の登場に歓びを隠し切れない婆娑羅。鬼無里は双星やさえの存在もそっちのけで天馬とのバトル――おもてなしに没入してしまいます。この辺りは戦いを至上の悦びとする婆娑羅らしい性格です。

%e5%8f%8c%e6%98%9f28-%e2%91%a9%e5%a4%a9%e9%a6%ac%ef%bc%92
鬼無里の攻撃を避けようとせず圧倒的な戦闘力でゴリ押しする鸕宮天馬(19歳)。左右の目の色が違うオッドアイという珍しい瞳の持ち主で身長は160cmしかない小柄な体。一見女性と見間違う外見をしてますが、十二天将最強の男と呼ばれる実力は本物です。清弦も士門もそして有馬ですらも一目置いている存在。

%e5%8f%8c%e6%98%9f28-%e2%91%aa%e5%a4%a9%e9%a6%ac%ef%bc%93
真っ直ぐな性格で基本的には嘘をつかない正直者。おまけにとても礼儀正しいです。時々毒舌になりますが(笑)これは真っ直ぐなあまり、ついつい本音で話してしまうため。やや天然ボケ気味なところもあります。

なお霊符を使わず(使うのを忘れてる?)戦い、気合で龍黒点を塞ぐなど、あらゆる点で規格外の呪力の持ち主です。

%e5%8f%8c%e6%98%9f28-%e2%91%ab%e5%af%be%e6%b1%ba
霊剣の一振りで婆娑羅を文字通り一刀両断する天馬。勢い余って背後の山まで真っ二つにしてしまいます。あまりの威力に唖然とするろくろと紅緒。

%e5%8f%8c%e6%98%9f28-%e2%91%ac%e7%9c%9f%e3%81%a3%e4%ba%8c%e3%81%a4
鬼無里「せめて…もう少しおもてなしして差仕し上げたかったのに残念です…では、ごきげんよう」

惜別の台詞を残し星に還る鬼無里。果たしてこれで本当に婆娑羅は祓われたのでしょうか? やけにあっさり過ぎるような……

霊地熊野と天御柱《アメノミハシラ》

%e5%8f%8c%e6%98%9f28-%e2%91%ad%e7%86%8a%e9%87%8e
今回戦いの舞台になったのは修験道の修行の場としても知られる熊野の地。

日本古来の山岳信仰の対象であり、『霊山』と呼ばれる山々の一つです。中でも熊野三山と呼ばれる熊野の本宮・新宮・那智の三社への信仰は熊野信仰とも呼ばれ、平安時代の中期から後期にかけて、当時の天皇をはじめとする多くの貴族達の参詣を得て、隆盛を極める程でした。もちろん陰陽道にとっても重要な地の一つ。

龍黒点の発生場所は無作為と思われていましたが、実は何らかの意図を持って選ばれていた可能性があります。そこに闇無の目的が隠されているのかも?

%e5%8f%8c%e6%98%9f28-%e2%91%ae%e5%a4%a9%e5%be%a1%e6%9f%b1
そして今回初登場したのが『天御柱(アメノミハシラ)』と呼ばれる謎の物体(大樹?)です。この天御柱、日本の国生み神話における重要なキーワードの一つです。

『天御柱』が示す言葉には2通りの意味が存在します。

%e5%8f%8c%e6%98%9f28-%e2%91%af%e5%a4%a9%e5%be%a1%e6%9f%b1%ef%bc%92
《1》竜田大社の神としての天御柱
一つは神様としての天御柱。天御柱は奈良県にある竜田大社の祭神として祀られており、こちらはかなり古くから存在する神社の『風神』です。

数多くの別名を持ち、志那都比古(級長津彦)神(シナツヒコノカミ)などの名でも呼ばれています。風を司ることから大雨洪水の災害から人々を護るとされています。

%e5%8f%8c%e6%98%9f28-%e2%91%b0%e5%a4%a9%e5%be%a1%e6%9f%b1%ef%bc%93
《2》オノゴロ島の柱
もう一つは古事記に記述されている『天御柱』。

こちらは日本が誕生する神話に登場する『イザナギのプロポーズ』を意味する言葉で、最初の大地であるオノゴロ島にあった天御柱を廻り、伊邪那岐は伊佐那海にプロポーズし二人は夫婦となり国生みの儀式が行われています。つまり日本の成り立ちそのもののを構成する言葉です。

気になるのは今回の双星の陰陽師に登場した『天御柱』。どうも大樹の様な形状をしており、イメージ的には『世界樹』の様な存在っぽいです。有馬の話ではどうやら禍野と現世の間に張る『封印』の機能を果たしているみたいですが。

《1》の強力な神の力を宿した樹とも、《2》の日本(現世)の成り立ちそのものの根幹からを支える存在とも考えられます。

%e5%8f%8c%e6%98%9f28-%e2%91%b1%e3%81%95%e3%81%88%e3%81%ae%e5%8a%9b
さえの力の発現状況といい、龍黒点発生の原因といい、どうやらこの天御柱とさえの間には何らかの関係があるのは間違いない様子。となれば、闇無がさえに注目するのも無理のない話です。

%e5%8f%8c%e6%98%9f28-%e2%91%b2%e3%81%84%e3%81%96%e4%ba%ac%e9%83%bd%e3%81%b8
熊野の龍黒点を封じ、天馬と共に再出発。いよいよ舞台は京都陰陽連本部、十二天将も全員一通り出揃いましたし、物語の根幹に関わる謎も少しずつ明らかになり大バトルが起こりそうな予感。

これまで登場した婆娑羅と十二天将が勢揃いすれば壮絶な一大決戦になりそうですが…果たしてどうなるのでしょうか。次回が楽しみです!

(ごとうあさゆき)

27話感想
29話感想

 - アニメ感想

sponsored link
sponsored link

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

ラブサン06-⑲3年アイドル
ラブライブ!サンシャイン!!/6話感想 ついに廃校宣言!果たしてAqoursは母校のピンチを救えるか!?

堕天使ヨハネの加入で6人になったAqours。そしてラブライブフォーマット最大の …

06
三者三葉/2話感想 葉山ちゃん回!天使と悪魔は紙一重?

今回は葉山ちゃん回。新たにキャラも登場する第二話の感想を述べていきたいとと思いま …

%e3%83%89%e3%83%aa%e3%83%950610
ドリフターズ/6話感想 新キャラ登場で話は更なる混沌へ!!エルフの次はドワーフ!?

エルフ達の惨状を見て激昂した豊久のシーンで終わった前回。このままエルフ達と国盗り …

03
プリズマイリヤ ドライ/1話感想 平和な日常は終わりを告げる…。作画もいきなり全力だ!

【ChouCho】TVアニメ『Fate/kaleid liner プリズマ☆イリ …

坂本02-③スマイル
坂本ですが?/2話感想 ただクールなだけでも優しいだけでもない本当の強さとは?

坂本ですが?第2話「守られるより守りたい/今日から使える恋愛心理術」の感想です。 …

斉木特別02
斉木楠雄のΨ難の魅力と見どころを先取り予習!神谷浩史は喋らない斉木をどう演じるのかな?

7/10のレギュラー放送を前に、独自の目線でこの作品のみどころをご紹介します!  …

web_ticut
双星の陰陽師/2話感想 双星の意味が判明 ろくろの「恋して人生変えたい」糸冬

究極のボーイミーツガール、ハジマル。 1話感想 ← → 3話感想 最悪の出会いか …

画像4
くまみこ/10話感想 ついに携帯電話を入手!アイドルまち爆誕の瞬間である

← 9話感想 11話感想 → ケータイがほしくて…ソイヤ まちは嫌なことがあると …

2話獣王
ワンパンマン/2話感想 レオモンな獣王がかわいい!ジェノスはサイタマの孤独を救った…かもしれない

今季一番の期待されるアニメとして話題を呼ぶワンパンマン。 ▲ まだ髪のあった頃。 …

ばくおん03-⑬生徒証
ばくおん!!/3話感想 ツーリングで知りたくなかった事実が 来夢先輩はまさかオカルトちっくな存在じゃないよね

さて今回は「ばくおん!!」第3話、『デビュー!!』のレビューです。 大まかなあら …