にゅうにゅうす

主にアニメの最新情報をお届けします。

*

ラブライブ!サンシャイン!!/4話感想 凜ちゃんの様に輝きたい!少女達の熱き友情と願いが結ぶアイドルへの想い!

      2016/08/03

ラブサン04-①メイン
前回1stライブを成功させ試練を無事乗り越えたAqours。その熱はスクールアイドルに憧れる女の子達に確実に伝わっていきます。

一人一人が未来に向けて走り出すラブライブ!サンシャイン!!第四話『ふたりのキモチ』のレビューです。

3話感想
5話感想

sponsored link


晴れて浦女スクールアイドル部誕生!


今回のBGMはAqoursチーム内ユニット『CYaRon!(千歌・曜・ルビィ)』より「元気全開DAY!DAY!DAY!」「夜空はなんでも知ってるの?」の2曲デス!

ラブサン04-④図書館
体育館倉庫新部室に置いてあった大量の本を図書室に返却する千歌達3人。そこで司書をする花丸とルビィに出会います。

借りっぱなしになっていた本は…やはり曲の歌詞作成の資料に使っていたのでしょうか?

ラブサン04-⑤勧誘
▲ どう見ても工口い悪い勧誘にしか見えません(*´д`*)チカチャン…

強引に勧誘の手を差し伸べる千歌ですが、アイドルに気のあるルビィも花丸も互いに気を使って遠慮してしまいます。

ルビィの気持ち、花丸の気持ち

ラブサン04-⑥ルビィ
ルビィの回想でダイヤが過去スクールアイドルに憧れていたことが視聴者にも完全に大暴露されてしまいます。

ラブサン04-⑦過去ダイヤ
本人がポンコツ化しなくてもポンコツ化待ったなしという新たな地平線を突き進む進むダイヤさん。黒澤姉妹、自作の衣装のレベルも凄いです。ダンボール…(笑)

ラブサン04-⑧2年前
ところがダイヤが高1の時、つまり2年前、急に様子が一変します。それまで大好きだったスクールアイドルを嫌いになるダイヤ。一体何があったのでしょう…?

ラブサン04-⑨果南と鞠莉
▲ 果南へのパイターッ(*゚∀゚)=3 チ・リタァァァァンズ!

果南の元を訪れる鞠莉。やはりエセ外人口調も含め、全てが演技だった模様です。ちゃんとした日本語も喋れるマリーさん。

3年組の隠された闇、その葛藤をどう乗り越えAqoursに加わるのか――今後の見所になりそうですね。

ラブサン04-⑩入部!
本屋でスクールアイドル雑誌を購入し熟読した花丸はある決心を。翌日ルビィを誘いアイドル部に体験入部する花丸。彼女の真意は…?

友情のために、願いのために

ラブサン04-⑪アイドルカツドウ
アイドル活動を始めたルビィと花丸。同時にアイドル部は活動のための場所探し。最終的に練習場所に決まったのは校舎の屋上。ラブライブフォーマットからすればむしろ当然でしょう(笑)

ラブサン04-⑫練習メニュー
梨子が立てた練習プランは割とまともなのが初代(海未プラン)と違うところですね。梨子がまともなのか、あるいは『知っていた』のか? とは言えアイドルに必要なのは兎にも角にも基礎体力。

ラブサン04-⑬階段ダッシュ
体力作りのために淡島神社の階段を駆け登る一同。果南は楽々こなしていましたが、慣れてない人間には相当キツいです。

ラブサン04-⑭疲れる花火
実際、体力の無い花丸は力尽きて途中で足が止まってしまいます。

ラブサン04-⑮立ち止まるルビィ
ルビィ「一緒にいこ?」

ラブサン04-⑯怒る花丸
花丸「…ダメだよ。ルビィちゃんは走らなきゃ…」

足を止め待とうとするルビィを叱咤し先に進むよう激励する花丸。それは最初から花丸が決めていたことでした。

ラブサン04-⑰階段を登るルビィラブサン04-⑱階段を降りる花丸
ルビィの夢、ルビィの願いを後押しするため体験入部に誘った花丸。背中を後押しされたルビィの独り立ちする姿を見届け彼女の役目はおしまい――あと一つ、最後の役割を果たす時が来ます。

ラブサン04-⑲ダイヤと花丸
ダイヤ「なんですの。こんな処に呼び出して?」
花丸「あの…ルビィちゃんの話を、ルビィちゃんの気持ちを聞いてあげて下さい」

それはダイヤにルビィの願いを聞いてもらうこと。花丸にはもうルビィが臆せず、ダイヤときちんと向き合えることが分かっていたんでしょう。きっと。

少女達の夢のはじまり

ラブサン04-20図書室の花丸
図書室に戻ってきた花丸は一人寂しくアイドル雑誌を閉じます。そこに現れるルビィ!

ラブサン04-21ルビィ一緒にやろ?
ルビィ「でも…練習の時も、屋上に居た時も、皆で話してる時も、花丸ちゃん嬉しそうだった!」

ラブサン04-22花丸
花丸「まるが…まさか…?」
▲ ルビィも花丸も、お互いを大切に思う優しさが素敵過ぎます…(´;ω;`)ブワッ

ラブサン04-235人のアクア
全員の説得もあり入部を決める花丸。これで5人揃ったAqours。果たして次に加入するのは一体誰なのでしょうか。

μ’sの背中を追い続けて

ラブサン04-24星空凜
今回はルビィ&花丸回と見せかけておいて、猛烈な凜プッシュの回でした(笑)これは恐らくμ’s9人の中で一番『女の子っぽくない、可愛くない、アイドルに向いてない』と言っていた凜の、視聴者側の(見ている普通の女の子としての)目線に立った設定を生かした形でしょう。

望めば誰だってスクールアイドルになれる。それが青春部活アイドルアニメの良い点です。また凜の花嫁姿(初代の過去回)が誌面特集の形で生かされるのも続編の醍醐味ですね。

ラブサン04-25雑誌
なお今回明らかになった新事実。ラブサンの時間軸がついに判明しました。花丸やルビィが書店で購入、読んでいたアイドル雑誌の表紙が『ラブライブ5周年記念号』です。

つまりラブサン世界=ラブライブ5周年目に当たるということ。

μ’s発足年の夏に第1回ラブライブ(優勝A-RISE)が行われました。同年度冬に第2回が行われ(優勝μ’s)、その年にμ’sは解散。結成~解散がラブライブの誕生年。そりゃμ’sが伝説にもなります。そこから5年後が千歌達の活躍する舞台ということになります。(正確には夏で5周年になるので現在は4周年目ですね)

元μ’sのまきりんばな(1年組)はラブライブと同世代。次に入学した妹’sは1年下で卒業する年が4周年目に当たります。なのでAqours結成の前年に卒業したことになりますね。逆に言えば梨子が新入生として音乃木坂に入った年にはまだ妹’sが高校に在籍していたと考えられます。

もし仮に梨子が音乃木坂アイドル研究部に在籍していた場合、劇場版ラストの妹’sが新入生に行った激励メッセージを聞いていた可能性も…?

ラブサン04-27次回予告
▲ ヨハネ回キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

次回はタイトルからしてヨハネ回なのは明白。果たしてどのような経緯で堕天使様がスクールアイドルなんて俗物の偶像に成り果ててしまうのか!? またその前に不登校症は治るんでしょうかね?(笑)激しく気になるところです。

ところで今回劇中に登場した『ラブライブ5周年記念号』、出版してくれないんですかね角川さん。絶対売れると思うんですが…(笑)

(ごとうあさゆき)

3話感想
5話感想

 - アニメ感想

sponsored link
sponsored link

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

天鏡のアルデラミン/6話感想 新たなるヒロイン続々登場!?それぞれの道を探し始める騎士達…そして舞台は北方へ!

演習とシャミーユ姫誘拐未遂事件でその実力を十二分に発揮したイクタとヤトリ。その力 …

クロムクロ/11話感想 戦国の侍vs異星の戦士の肉弾バトル!それにしてもこの研究所、ちょっと警備がザル過ぎます

虜囚の身ながらも不遜な態度を崩さない男フスナーニ。国連の尋問官も手玉に取るエフィ …

不機嫌なモノノケ庵/10話感想 あの日を繰り返す理由、ありがとう我が友人よ

前回のお話はヤヒコが大変という禅子からの連絡と、一つ目のかかしがありがとうと感謝 …

斉木楠雄のΨ難の魅力と見どころを先取り予習!神谷浩史は喋らない斉木をどう演じるのかな?

7/10のレギュラー放送を前に、独自の目線でこの作品のみどころをご紹介します!  …

不機嫌なモノノケ庵/12話感想 いよいよクライマックス突入!!見えなくなった花繪の為に立ち上がったのは!?

妖怪が見えなくなってしまい、モノノケ庵を解雇されてしまった花繪。日常生活の中に物 …

あまんちゅ!/6話感想 一歩ずつ前進!目指せオープンウォーターダイバー!!

オープンウォーターダイバーになる!と目標を決めたてこ。今回はその目標に向かって頑 …

七つの大罪 聖戦の予兆/4話感想(終)マーリンの交換条件、人間が人を想う気持ちとは…

アニメオリジナルストーリーもあっという間に最終回です。本当に4回は早かったですね …

ラブライブサンシャイン/3話感想 Aqoursの初ライブは大成功♪ここから始まる夢への第一歩!

オリジナル楽曲を作れる唯一の人材、転校生の梨子を仲間に加え、いよいよ自分達だけの …

迷家‐マヨイガ‐/1話感想 ゲロインが出るアニメは名作

【キャスト】 監督:水島 努 シリーズ構成:岡田 麿里 キャラクターデザイン:井 …

斉木楠雄のΨ難/4話感想 みえる男、鳥束零太登場!!能力の全ては煩悩の為に!!

前回は、斉木の超能力を知っているという謎の手紙を読んだところで終わりでした。手紙 …