にゅうにゅうす

主にアニメの最新情報をお届けします。

*

だがしかし/2話感想 マシンガンコメディ回とノスタルジックなほのぼの回を使い分けそう キーマンは鹿田ヨウ?

      2016/04/18

2話12話3
新ver.のOPの入りが好きな筆者です、こんばんは。

2話7
▲ Bメロのサヤちゃんのリズムに合わせたズームアップも好き

OPを1話から変えてきていましたね! 前半部分のシルエットカットと後半の静止画が、OP用のアニメーションに変わっていました。

【 変更前 】

2話5
【 変更後 】

2話42話6
なんでも、3話でOPが完成するとの噂もあるらしいです。3話期待!

sponsored link


田舎と駄菓子のほのぼの回

2話15
2話は、きなこ棒、生いきビール、フエラムネ、そしてメンコのお話。(きなこ棒、食べたら止まらない自信あるけど、むき出しで袋もないし、保存状態どうやって保ってるんだろう。)

2話16
話の中心こそ駄菓子や古き遊びの紹介ではあるのですが、今回は1話のマシンガンコメディっぷりはなりを潜めて、終わってみれば、昔懐かしいノスタルジーに浸れるような、駄菓子アニメの本懐とでも言えそうなどこかほのぼのとした仕上がりに。

2話18
「まいりました、サヤ師!!私を弟子にしてください!」

3人ともシカダ駄菓子店内で遊び、現代の要素が服装くらいしかなかったのも要因でしょうね、一種、まだ携帯ゲーム機が普及していなかった頃の昔の遊び、田舎で子供が外でしてた遊びってこんな雰囲気だったかなって思わせる説得力が妙に全体に漂っていました。

2話12
「見て見て、ココナツ!カワイイの当たった!」

▲ 相変わらずかわいかったサヤちゃん。

駄菓子食べてのんびり見てました。(´~`)ポテトフライ初めて食べましたけど、うまかったです。でもちょうど一口で食べられない大きさなので、それが微妙にむずがゆかった。(笑)

2話21
筆者もフエラムネ入手しましたが、おまけは青いキリンでした。申し訳程度の裏面のハンコ要素。(モグラ人形みたいなのがよかった…。)

でもこの微妙な感じが妙に癖になる。ひとまずせっかくなので、モニターの前でミニオン・ケビンとサーナイトに並ばせてます。

ギャグはギャグだけど、制作的な意味で先の読めないアニメ

2話13
さて、ほのぼの展開も嫌いではないですが、やはり1話のようなハイテンションなコメディ展開を推したいところ。それには2話では出てこなかった、サヤちゃんの兄の遠藤豆や、鹿田ヨウの存在が不可欠です。

2話10
▲ 女の子が盛り上がる要因なら分かるけど、おじさん、もとい父親が盛り上げ要因というのもコメディならでは?

2話14
でも考えてみたら、だがしかしは各お菓子メーカーからの承諾を得ての制作なんですよね。広告塔という意味も多分にありそうですし、圧力とかはないにしても、それが理由であまり過度にはおふざけできないのかもしれないなぁとか思ったり。(駄菓子屋も結構応援してくれてるみたいだしね。)

2話25
「コ、ココナツは…ココナツは駄菓子屋の店長似合うと思うよ!!」
▲ サヤちゃんも、原作ではこの台詞をただ輪に入りたいがための理由で言っていて、駄菓子が好きで、シカダ駄菓子店がなくなるのを懸念する描写はアニメオリジナル

そういう大人の都合的な事情も考えてみると、このアニメの先は微妙に読めません。

2話9
スポンサー関係を考慮しつつ、アニメの完成度を目指すなら、マシンガンコメディ回とノスタルジックな回をいい塩梅に繰り返すのが一番無難かなとも思うのですが、いかんせん原作の特徴である歯に衣着せぬスピーディなコメディ感がアニメではだいぶ和らいでいます。

2話24
読めないといったのは、今後、広告塔な役割とマシンガンコメディを求める原作ファンの声の板ばさみな事情をどう切り抜けていくのか分からないためですし(圧力をかけなさそうな駄菓子メーカーですしね。)、微妙と言ったのは、結構インパクトがあったガンダム、ドラクエのパロディがアニメオリジナルで、そもそも原作の話のストックがギリギリという点。もしかしたら、最新話を展開しだしたり、あるいはコトヤマさん自ら話を提供してくれる可能性もなくはないかなと。

2話27
いずれにせよ、コメディ的には上の男性陣の二人、とくに鹿田ヨウの動かし方が鍵を握りそうですから、駄菓子コメディアニメここにありけりないい舵取りをして、今後も1話のインパクトのように笑わせてほしいなぁと個人的には思います。

 - アニメ感想

sponsored link
sponsored link

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

ばくおん!!/5話感想 夏だ!水着だ!ポロリもあるよ? 女子高生バイカー集団、北海道を満喫!

さて、ばくおん!!第5話『ツーリング!!』のレビューです。 前回北海道に上陸した …

ReLIFE(リライフ)/5話感想 きちんと話さなければ分からない、日代さんにようやく友達が…!

今日からTSUTAYA三軒茶屋店さんでアニメ・舞台『ReLIFE』の展示がスター …

不機嫌なモノノケ庵/9話感想 人間にどう思われても構わない…。安倍と花繪の覚悟の差

今回は大きなお屋敷でのお話です。珍しく次回予告でも妖怪の姿が登場しなかったので、 …

エルドライブ/2話感想 其方美鈴は天使だった!?宙太のハードな初任務

エルドライブの採用試験に合格した宙太。レイン署長と話していると、なんと美鈴が登場 …

ReLIFE(リライフ)/10話感想 頑固者の心を動かすのは大変…。しかしその分友情もさらに深まりました。

TVアニメ『ReLIFE』OPテーマ「ボタン」リリース記念 PENGUIN RE …

ラブライブ!サンシャイン!!/5話感想 堕天使様の願いは普通の女子高生になること!? 中ニ病でもアイドルがしたい!

ルビィと花丸が正式に加入したことで5人になったAqours。本格的なスクールアイ …

クロムクロ/19話感想 雪姫、ムエッタ、由希奈、洋海の関連性が明らかに。ソフィーと対峙する鬼仮面の真意とは…?

謙信公の秘湯で偶然ムエッタと再会した由希奈。次いで、由希奈は傷付いた彼女を助けよ …

プリズマイリヤ ドライ/10話感想 物語も佳境、ようやく反撃開始!遅いぞ、士郎!

再掲】FGOコラボを記念して各電子書籍サイトで「プリヤ無印、ツヴァイ、ドライ」各 …

不機嫌なモノノケ庵/10話感想 あの日を繰り返す理由、ありがとう我が友人よ

前回のお話はヤヒコが大変という禅子からの連絡と、一つ目のかかしがありがとうと感謝 …

坂本ですが?/8話感想 恐るべき強敵現る!? 謎の3年深瀬先輩の登場で文化祭は一躍波乱の舞台へ!

年に一度の大イベント・文化祭を舞台に坂本にとってかつてない危機と戦いを描く坂本で …