にゅうにゅうす

主にアニメの最新情報をお届けします。

*

だがしかし/2話感想 マシンガンコメディ回とノスタルジックなほのぼの回を使い分けそう キーマンは鹿田ヨウ?

      2016/04/18

2話12話3
新ver.のOPの入りが好きな筆者です、こんばんは。

2話7
▲ Bメロのサヤちゃんのリズムに合わせたズームアップも好き

OPを1話から変えてきていましたね! 前半部分のシルエットカットと後半の静止画が、OP用のアニメーションに変わっていました。

【 変更前 】

2話5
【 変更後 】

2話42話6
なんでも、3話でOPが完成するとの噂もあるらしいです。3話期待!

sponsored link


田舎と駄菓子のほのぼの回

2話15
2話は、きなこ棒、生いきビール、フエラムネ、そしてメンコのお話。(きなこ棒、食べたら止まらない自信あるけど、むき出しで袋もないし、保存状態どうやって保ってるんだろう。)

2話16
話の中心こそ駄菓子や古き遊びの紹介ではあるのですが、今回は1話のマシンガンコメディっぷりはなりを潜めて、終わってみれば、昔懐かしいノスタルジーに浸れるような、駄菓子アニメの本懐とでも言えそうなどこかほのぼのとした仕上がりに。

2話18
「まいりました、サヤ師!!私を弟子にしてください!」

3人ともシカダ駄菓子店内で遊び、現代の要素が服装くらいしかなかったのも要因でしょうね、一種、まだ携帯ゲーム機が普及していなかった頃の昔の遊び、田舎で子供が外でしてた遊びってこんな雰囲気だったかなって思わせる説得力が妙に全体に漂っていました。

2話12
「見て見て、ココナツ!カワイイの当たった!」

▲ 相変わらずかわいかったサヤちゃん。

駄菓子食べてのんびり見てました。(´~`)ポテトフライ初めて食べましたけど、うまかったです。でもちょうど一口で食べられない大きさなので、それが微妙にむずがゆかった。(笑)

2話21
筆者もフエラムネ入手しましたが、おまけは青いキリンでした。申し訳程度の裏面のハンコ要素。(モグラ人形みたいなのがよかった…。)

でもこの微妙な感じが妙に癖になる。ひとまずせっかくなので、モニターの前でミニオン・ケビンとサーナイトに並ばせてます。

ギャグはギャグだけど、制作的な意味で先の読めないアニメ

2話13
さて、ほのぼの展開も嫌いではないですが、やはり1話のようなハイテンションなコメディ展開を推したいところ。それには2話では出てこなかった、サヤちゃんの兄の遠藤豆や、鹿田ヨウの存在が不可欠です。

2話10
▲ 女の子が盛り上がる要因なら分かるけど、おじさん、もとい父親が盛り上げ要因というのもコメディならでは?

2話14
でも考えてみたら、だがしかしは各お菓子メーカーからの承諾を得ての制作なんですよね。広告塔という意味も多分にありそうですし、圧力とかはないにしても、それが理由であまり過度にはおふざけできないのかもしれないなぁとか思ったり。(駄菓子屋も結構応援してくれてるみたいだしね。)

2話25
「コ、ココナツは…ココナツは駄菓子屋の店長似合うと思うよ!!」
▲ サヤちゃんも、原作ではこの台詞をただ輪に入りたいがための理由で言っていて、駄菓子が好きで、シカダ駄菓子店がなくなるのを懸念する描写はアニメオリジナル

そういう大人の都合的な事情も考えてみると、このアニメの先は微妙に読めません。

2話9
スポンサー関係を考慮しつつ、アニメの完成度を目指すなら、マシンガンコメディ回とノスタルジックな回をいい塩梅に繰り返すのが一番無難かなとも思うのですが、いかんせん原作の特徴である歯に衣着せぬスピーディなコメディ感がアニメではだいぶ和らいでいます。

2話24
読めないといったのは、今後、広告塔な役割とマシンガンコメディを求める原作ファンの声の板ばさみな事情をどう切り抜けていくのか分からないためですし(圧力をかけなさそうな駄菓子メーカーですしね。)、微妙と言ったのは、結構インパクトがあったガンダム、ドラクエのパロディがアニメオリジナルで、そもそも原作の話のストックがギリギリという点。もしかしたら、最新話を展開しだしたり、あるいはコトヤマさん自ら話を提供してくれる可能性もなくはないかなと。

2話27
いずれにせよ、コメディ的には上の男性陣の二人、とくに鹿田ヨウの動かし方が鍵を握りそうですから、駄菓子コメディアニメここにありけりないい舵取りをして、今後も1話のインパクトのように笑わせてほしいなぁと個人的には思います。

 - アニメ感想

sponsored link
sponsored link

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

斉木楠雄のΨ難の魅力と見どころを先取り予習!神谷浩史は喋らない斉木をどう演じるのかな?

7/10のレギュラー放送を前に、独自の目線でこの作品のみどころをご紹介します!  …

双星の陰陽師/12話感想 新キャラ『神威』登場!新章は開幕直後から大波乱の予感!?

ようやく平穏な日常に回帰したと思ったのも束の間、新たな闖客が鳴神町を訪れる双星の …

七つの大罪 聖戦の予兆/1話感想 ホーク争奪戦が勃発!?豚の帽子亭は今日もドタバタです!

待ちにまった七つの大罪!! 嬉しくて漫画を1巻から読み返してしまいました!(*´ …

幼女戦記/1話感想 ぅゎょぅι゛ょっょぃ。戦地に降り立つ幼女は悪魔かバケモノかそれともサラリーマンか【ネタバレ】

帝国西方――国境付近のライン戦線、帝国にとって共和国による不意の全面攻勢は完全に …

ドリフターズ/6話感想 新キャラ登場で話は更なる混沌へ!!エルフの次はドワーフ!?

エルフ達の惨状を見て激昂した豊久のシーンで終わった前回。このままエルフ達と国盗り …

斉木楠雄のΨ難/23話感想 札束風呂って温かいのかな?常識外れの御曹司、才虎芽斗吏登場!!

3回目の「2年の2学期」またしても転校生がやって来ました! ここではストーリー重 …

ラブライブサンシャイン/3話感想 Aqoursの初ライブは大成功♪ここから始まる夢への第一歩!

オリジナル楽曲を作れる唯一の人材、転校生の梨子を仲間に加え、いよいよ自分達だけの …

双星の陰陽師/9話感想 一気に大化けの超絶展開!? まさか夕方アニメでここまでやるとは…

物語の鍵『雛月の悲劇』の真実がついに明かされる双星の陰陽師第九話『交差する悲劇』 …

だがしかし/5話感想 そもそも薬よりほたるんの顔芸っぷりのほうがキマってたという事実

2月7日、今年も日本最大の造形イベント「ワンダーフェスティバル」が幕張メッセで開 …

甲鉄城のカバネリ/3話感想 カバネリは味方?敵?とりあえず無名ちゃん静かにしよう

実は特別先行版として劇場公開していた「甲鉄城のカバネリ 序章」でもう既に第3話ま …